健食健美とは?

         身体の中からと外からのケア

身体の中からは口から入れる食生活にあり

日本の近代化の発展とともに食生活も大きく変わり、良い部分と悪い部分の悪い部分をどう補い改善したら良いのか

どういった食生活をするといつまでも健康で病気をしない「生活習慣予防」が注目されています

「生活習慣病」は先ず食習慣の見直しから行います。

 平均寿命がのびる一方で、心臓病、糖尿病、高血圧や肥満などの「生活習慣病」が増加しています。「元気で長生き」を実現するためには、自分の健康は自分で守るという考えが大切です。

 生活習慣病というのは、食生活、運動、休養、飲酒、喫煙などのライフスタイルから、長年の生活習慣が素因となって引起こされてくる病気、即ちこれまで成人病と呼ばれていた心臓病、がん、脳卒中の他に、高血圧性疾患、腎臓病、糖尿病、高脂血症、胃及び十二指腸潰瘍、肝疾患(アルコール性)、歯周病(虫歯)、骨粗しょう症、貧血(鉄欠乏症)などを指しています。「生活習慣病」は生活習慣の中でも食習慣、とりわけ栄養と病気との関わりを重視しています。

「生活習慣病」は栄養状態の崩れに起因

 栄養のアンバランスを病気の素因とみて、栄養の摂り過ぎの段階が進むと「生活習慣病」になり、栄養の偏りや欠乏状態が進むと感染症や貧血、歯周病、骨粗しょう症などになるといわれています。つまり、「生活習慣病」は栄養状態の崩れに起因すると言えます。

 栄養状態を適正に保つには、食の「質」と「量」と「食べ方」が大切で、「毎日30品目以上をバランスよく摂る」ことが健康維持・増進の基本といえます。

「食」には健康に係わる重要な機能がある

 食には3つの機能があり、一次機能:栄養(生命維持)、二次機能:味覚、三次機能:体調調節(体調リズム調節、生体防御、疾病予防、疾病回復、老化防止)で健康との係わりではこの三次機能の活用が重要です。

 近年、食品や食品の成分と健康とのかかわりについていろいろなことがわかってきました。これらの知見に基づいて、ある種の効果が期待される食品が次々と出現しています。しかし、このような食品が科学的な評価を受けることなく流通・販売された場合、食生活をゆがめ、かえって健康上の弊害を引き起こすことが心配されます。

 バランスのとれた食生活が困難な場合、その不足した栄養成分を補給したり健康を維持するために当協会では以下のような厳正な審査や口コミ商品、こだわり商品を規格基準に適合した健康補助食品をご紹介しています。

外からのケア

「美肌でありたい」「いつまでも赤ちゃん肌でありたい」

それは永遠の女性のテーマでもあります。

近代化に伴い大気の汚染や科学的要素の強い肌につけるものなどが原因で最近の子供はアトピーやアレルギーが多いと言われています。食生活の改善も重要ですが、肌に直接使用するものも重要です。

以前私はアトピー肌、超乾燥肌でした。

私の肌は、しみやしわなど肌トラブル以前の問題でした。

そこで私は、スキンケアについて、真剣に調べてみました。

その結果、これまで聞いたり調べたところによると、

どうやらキレイ肌になるスキンケアは水に深く関係があるようです。

私たち人間は、水が無いと生きていけません。

当然、飲料としても必要ですが、体の機能を正常に働かせるためにも必要不可欠なのです。

よく「どんな肌が理想ですか?」と尋ねると「赤ちゃんの肌」と言われます。

確かにプニプニしてて気持ちがいいものです。

皮膚の構造も同じなのに、なぜこんなにも違うのでしょうか?

赤ちゃんの体は80%が水分です。これは、生きるのに必要なのはもちろん、これから細胞が成長するために必要だからです。ところが成人して年を重ねるとドンドン体内の水分は少なくなっていきます。

水分が少なくなる原因はいくつかあります、そのひとつがヒアルロン酸です。

体が水分をためるためにヒアルロン酸というものがあるんですが、これが減っていきます。

20歳を100%とすると、30歳で65%、50歳になるとわずか45%になります。

そのため、乾燥化が進み、肌が本来持っているターンオーバーや回復力、バリア機能が衰え、

しみやしわが出来るのです。野菜でも水がなくなるとシワシワになったり、色が変わりますよね。それと同じです。

また、多くの人はしみやしわができるとエステに行ったり、高級化粧品を使ったりします。

確かに効果はあるでしょうが、その前に、原因である乾燥肌をスキンケアで改善して、肌を健康な状態に戻したほうが効果的です。そうしないと、せっかく一時的に改善してもまた同じトラブルが発生します。つまり、肌に水分を補給することによって、肌の回復機能を復活させて健康な状態に戻すのが先決なのです。よく「風邪は万病のもと」と言いますが、

乾燥も風邪と同じように「乾燥は、肌トラブルのもと」です。だから、水分をたっぷりと肌に与えてください。

ただ与えるだけだと過乾燥を起こして以前より悪化しますので、水分を維持するために良質で適度な油分が必要です。

だから、私が考えるキレイ肌になるスキンケアとは、たっぷりと水分を与えると同時に、

その水分を維持するために良質で適度な油分を配合すると決めました。

水分;油分最終的に80:20が、最も効果がありました。

当協会では間違いのない、口コミや芸能界を中心に情報を収集してその人にあったスキンケアをご紹介しています


※登録にあたり注意事項

priteia芸能プロダクション及びprietia関係者よりお仕事などの依頼を頂戴JKBG及びJKBBの皆様へキャスティングさせていただいております。上記のお仕事関係者様よりJKBG及びJKBBメンバー様が直接お仕事を依頼された場合は日本健食健美協会をとおしていただく必要がございます

上記事柄に違反が判明した場合、相場に応じたペナルティ20%をお支払いいただきます

トラブルをさけるためにもご了承くださいませ

priteia総務

月1回以上の最新情報やお仕事情報を会員の皆様にメールにて配信サービスを行っております。
また、年に4回春・夏・秋・冬と季節のオリエンテーションを行って会員皆様の交流の場を設けております